安心・安全な医療を目指して

 

安心・安全な医療を目指して、須藤歯科医院では院内における感染予防に全力を尽くしております。

I1_entry2_h_pic120120215132136.jpgI2_entry2_h_pic220120215132136.jpgI3_entry2_h_pic320120215132136.jpgI4_entry2_h_pic420120215132136.jpgI5_entry2_h_pic520120215132136.jpgI6_entry2_h_pic620120215132136.jpg

 


I7_entry2_f_pic120120215132136.jpgI8_entry2_f_pic220120215132136.jpgI9_entry2_f_pic320120215132136.jpg

2007年4月、医療法改正により「医療安全管理指針」が策定され患者様および医療従事者に対し、医療安全の確保が義務付けられました。当医院ではそれ以前から安心・安全な医療を目指して様々な試みをしておりました。今年度(2012年)はさらにレベルアップを図るべく、クラスBオートクレーブ(Lisa)およびタービン、コントラなどの洗浄、オイル注入、そして滅菌を全自動で行うオートクレーブ(DAC)を導入しました。今まで様々な器具の消毒滅菌をスタッフへの感染防止(これは直接患者様への感染防止につながります)の点から、できるだけ器具に触れる時間を少なくしながら機械洗浄および超音波洗浄などにより完璧をめざしておりました。今回の機器の導入により現時点での最高レベルを達成したものと自負しております。